秋は昼と夜の温度差にご注意を

秋 すすき

 10月も中旬を過ぎすっかり涼しくなってきました。この時期の体調管理で期をつけたいのが、朝から夜までの気温の寒暖差です。昼と夜で10度以上気温が異なることも珍しくありません。日中暖かいからとって、薄着で出かけると夜に冷えて体調を崩してしまうことも。
 秋に限らず季節の変わり目は、気温が変わることで体もそれに合わせた変化が求められます。通常、体は外的な変化に自然順応していくのですが、エアコンや暖房器具などで室内にいるときには快適に過ごせることが多くなったため、体が外部の変化に順応しきれず体調を崩しやすくなってきています。

 季節の変わり目は自律神経のバランスを崩しやすく、それにより体調も悪くなってしまうのです。しかし、そもそも季節の変わり目ではどうして自律神経のバランスを崩してしまうのでしょうか?

自律神経の働き

 自律神経には「交感神経」「副交感神経」2つあり、それぞれ逆の働きをしています。その2つがバランスよく働くことで、体調が維持されています。

 「交感神経」が優位の場合は心肺機能などが活発なることで活動的行動できるようになります。昼間はこの「交感神経」が優位な状態です。
 一方「副交感神経」はリラックス・免疫向上の神経で、夜に家でリラックスしている時などは、「副交感神経」が優位な状態になります。また、季節的には夏は「副交感神経」が、冬は交感神経が優位に働いています。

 この2つの「自律神経」は、今置かれた状況を体が勝手に判断して切り替えを行います。自分自身で意識的にモードの切り替えをすることはできません。
 ところが、大きなストレスや不規則な生活が続くと、体が「今おかれている状況」の判断ができなくなってしまいます。そして、「自律神経」の切り替えがうまくいかなくなり、自律神経のバランスが不安定になってしまうため、「自律神経失調症」による体調不良になってしまうというわけです。
 さらにこの時期は、昼と夜の温度差が大きな日が多くなるため、その気温の変化に体が適応できなくなり、これが大きなストレスとなって「自律神経失調症」になりやすくなります。季節の変わり目に決まって体調を崩すという方は、自律神経のバランスの乱れも関係していると思われます。

自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症はさまざまな症状を引き起こしますが、代表的な症状は以下のようなものです。

■身体的不調
頭痛、耳鳴り、目の疲れ、のぼせ、めまい、のどが詰まった感じ、肩こり、動悸、息切れ、胸の圧迫感、胃が重い、吐き気、下痢、便秘、腰痛、生理不順、生理痛、手足のしびれ、倦怠感、じんましん

■精神的不調
不安、イライラ、集中力がなくなる、気力の低下、不眠

自律神経を整えるには?

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。では、自律神経を整えるにはどのようなことを心がけたらよいでしょうか?

  1. あまり頑張り過ぎない
  2. 夜更かしをせず、規則正しい生活を
  3. 自分に合った睡眠時間の確保(量より質)
  4. なるべく決まった時間にバランスのとれた食事をする
  5. 不足している栄養素をサプリメントで補う
  6. 運動をする
  7. ストレスが発散できるようなことをする

 どれもこれも健康管理上よく聞くことばかりで、特別な対処法はありません。しかし、これらの日常生活の改善は簡単そうで継続的に行うとなると難しいものです。習慣化してしまえばよいのですが、仕事などがあるとどうしてもリズムが乱れがちです。
 全てが無理なら、できる範囲で気をつけてみるのがよいでしょう。逆にやらなければならないと、強く思い過ぎるとそれがストレスになってしまうかもしれません。
 また、この季節では気温の変化に対して体へのストレスを和らげるため、夜が寒そうであれば上に羽織るものを着ていくなどして、気温の変化に対応できるようにしておきましょう。


関連記事
  1. 春の疲れやすさ、体調不良の原因は?
  2. 軽い運動とクエン酸、水分補給で夏バテ防止
  3. 熱中症とその対策
  4. 秋の味覚と健康管理

コメントは受け付けていません。