不規則な食生活はやっぱり不健康になる?

Burlington Chicago Pocket Watch
Burlington Chicago Pocket Watch / alexkerhead
 名古屋大学大学院生命農学研究科の小田裕昭准教授を中心とする研究グループは、乱れた食事のタイミングが代謝異常を引き起こすメカニズムを明らかにしたと発表しました。
 食事の情報はインスリンにより媒介され、休息期(夜)の食事は肝臓時計を乱すこと、活動期(朝)の食事は肝臓時計を正常化させることを明らかにしました。食事のタイミングを規則正しくすることで、増加しているメタボリックシンドロームや生活習慣病を予防することが期待でるとされています。

 まず、この研究の背景として、現在日本では、エネルギー摂取が増加していないにもかかわらず、肥満・糖尿病が急速に増加してきているという現実あります。その原因として、食のスタイルの変化が大きな影響を与えているのではないかといわれるようになってきていました。

 今回のこの研究では、ラットでの実験を行い、食事を取ると分泌されるインスリンが肝臓時計を同調させる強力な因子であり、休息期の夜食は肝臓時計を異常にすることがわかりました。また、活動期の朝に食事を取ると一旦乱れた肝臓時計も正常化されることもわかりました。

 さらにインスリンは、肝臓だけでなく脂肪組織などのメタボリックシンドロームに重要な臓器の時計を同調させる因子として働いていることが明らかになったとしています。

 昔から規則正しい食生活は、健康維持に必要だといわれてきましたが、その重要性や健康への寄与度がどの程度であるかについてはわかっていませんでしたが、今回の実験により規則正しい食生活は肝臓時計を正常化させ、、増加しているメタボリックシンドロームや生活習慣病を予防できる可能性があることが、今回の研究で明らかになりました。

 確かに自分の生活を考えてみても、規則正しい食生活と十分な睡眠を取っていれば、摂取カロリーは同じでも、不規則な生活をしているときより太らないと感じていたのですが、この研究の結果をみて、それは事実だったのだと思いました。

 ダイエットを考えている人は、まず、規則正しい食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。


関連記事
  1. 会議や授業中に眠くなるのは酸素が足りないからかも?
  2. 運動するならゆっくり歩行より速歩やジョギングを

コメントは受け付けていません。