血圧や神経を安定させる「γ-アミノ酪酸」

■リラックス作用で注目される

 γ-アミノ酪酸は脳内に存在するアミノ酸の一種です。γ-アミノ酪酸が中枢神経系で働く抑制系の伝達物質であることがわかり、イライラやドキドキを抑えるリラックス作用が注目されるようになりました。名称としては、英語名の γ(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称 GABA(ギャバ)が一般的に広く用いられています。

 他にも血圧の上昇を抑える作用や精神を安定させる作用、肥満防止作用などさまざまな効果があります。γ-アミノ酪酸はストレスの多い現代社会で欠かせない成分といえます。 

■血圧を下げる

 γ-アミノ酪酸は、ストレスや環境、体調などさまざまな要因で変動する血圧を多方面から調整します。
 腎機能の働きを活発にして、血圧上昇の原因となる塩分の排泄を促したり、血管を広げて血流をよくする働きをもっています。さらに、血管の老化を早めるコレステロールや中性脂肪の増加を抑える作用も期待されています。

■脳への酸素供給量のアップ

γ-アミノ酪酸を日常的に摂取することで脳の血行がよくなり、脳の酸素供給量が増えるとされています。脳に届く酸素が増えることで脳代謝が促され、頭痛やめまい、耳鳴り、肩こりなどの改善や治療にも効果的と考えられています。

■記憶力の改善

 γ-アミノ酪酸には意欲低下の改善作用があり、学習能力を高める効果も期待されています。さらに記憶力の改善や認知症の予防、更年期障害、自律神経障害、不眠症などにも効果があるといわれています。
 加齢により脳内のγ-アミノ酪酸が不足すると神経が過敏になりやすく、睡眠障害などを引き起こす原因にもなります。

■γ-アミノ酪酸を多く含む食品

発芽玄米 γ-アミノ酪酸は動物性、植物性食品のいずれの食品にも広く分布しており、通常の食生活で摂取できているものですが、通常食品への含有量は少なく効果的な摂取を期待するのならば、含有量の多い食品を選んで摂取する必要があります。
 γ-アミノ酪酸を多く含む食材としておすすめなのが、「発芽玄米」です。「発芽玄米」とは、玄米を1~2日水につけ、わずに発芽させたお米のことです。γ-アミノ酪酸が豊富に含まれているだけでなく、白米や玄米に比べて栄養価も高く食物繊維の量は白米の3倍とされています。


関連記事はありません

コメントは受け付けていません。