熱中症とその対策

sun grasssun grass / davedehetre


熱中症とは?

熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が低下するなどして、発症する障害の総称です。
暑い時には、自律神経を介して抹消血管が拡張します。それにより、皮膚に多くの血液が分布し外気に近くなることで体温が低下します。また、汗をかくと「汗の蒸発」で熱が発散することで体温を低下させます。

しかし、体内の熱をうまく放出できなくなると、体温が著しく上昇し障害が発生します。これが熱中症です。

熱中症は症状が悪化すると、死にいたる可能性もある危険な病気です。特に子供、お年寄りの場合は、注意が必要です。

子供の場合は、背が低いため地面からの照り返しにより高温にさらされやすく、また、汗腺が未熟なため発汗による温度調節が十分出来ない可能性があります。
お年寄りの場合は、汗をかきにくくなっており、また暑さも感じにくくなっていますので、いつの間にか熱中症になっていたということもあります。


熱中症の症状と対応

めまい・失神

脳への血流が瞬間的に不十分になることにより、めまい・失神などの症状が発生します。症状としては軽度です。

対処:
涼しい場所に移動し安静と水分補給を

筋肉痛・筋肉の硬直

発汗に伴う塩分の欠乏、または発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合に発生します。

対処:
涼しい場所へ移動し安静にする。十分な水分と塩分の補給する。

頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になったときに発生します。

対処:

涼しい場所へ移動し安静に。十分な水分と塩分の補給を。症状の改善が見られない場合には速やかに受診しましょう。

意識障害・痙攣・手足の運動障害・高体温

体温調節機能が失われることにより発生します。従来から“熱射病”や“重度の日射病”と言われていたものが、これに相当します。

対処:
涼しい場所へ移動し安静にし、十分な水分と塩分の補給と保冷剤などで体を冷やす。同時に迷わず救急車を呼びましょう。


熱中症の予防

熱中症は日常のちょっとした気遣いで防ぐことが出来ます。自分は大丈夫だと思わずに、暑い日は熱中症にならないように普段の行動を少し気をつけてみましょう。

室内温度に注意する

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。最近は節電のためにエアコンを使わない人もいるかもしれませんが、暑い日には我慢せず、エアコンを使って室内温度が高くなりすぎないようしましょう。周りの方も、高齢者のいる部屋の温度に気を付けましょう。

こまめに水分補給する

のどが渇く前にこまめに水分を補給しましょう。
特に高齢者の方は、のどの渇きを感じづらく、水分摂取を怠ってしまうことがありますので、暑いときはのどが渇いていなくても水分を取るように心がけましょう。

大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。大量の汗をかいた後に、水分だけ大量に摂取すると体内の塩分濃度が薄まって、逆に熱中症になってしまう可能性がありますので、十分気をつけてください。
また、ビールなどアルコールを含む飲料は、 体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険ですので控えましょう。

体調が悪い場合は病院へ

体調が悪くなり、熱中症が疑われる場合は、速やかに休息をとると共に、意識が朦朧としているなどの重症の場合や、しばらくしても改善が見られない場合は、救急車を呼んだり病院にいくなどの処置を素早く行ないましょう。


関連記事
  1. 軽い運動とクエン酸、水分補給で夏バテ防止
  2. 秋の味覚と健康管理
  3. 秋は昼と夜の温度差にご注意を

コメントは受け付けていません。