高血圧とは?

血圧とは?

血圧とは心臓から送り出された血により、血管の壁にかかる圧力が血圧です。心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しているので、動脈の中の血圧は心臓の収縮、拡張に応じて変動します。
心臓の働きが落ちて血液を送り出す力が少なくなっていると血圧が下がりますし、逆に血管が細くなったり、弾力性を失えば上がります。よって、血圧は心臓や血管の健康を測る重要な指標とされています。

血圧は最高血圧と最低血圧がありますが、それぞれ以下をあらわしています。

最高血圧
心臓が最も強く収縮し、血管に最大の圧力がかかるときが最高血圧で、正常値は140mmHg未満です。

最低血圧
最も拡張したときが最低血圧で、正常値は90mmHg未満です。

単位のmmHgは『ミリメートル水銀柱』で、医療機関の血圧計で使われている水銀柱の水銀を押し上げる力で表しています。

高血圧とは?

高血圧は血圧の高い状態が続く病気です。血圧の正常値は最高血圧が140未満、最低が90未満とされていますので、いずれの数値を上回っている場合、高血圧とされます。
ただ、血圧は1日のうちでかなり上下しますので、一時的に高かったからといって高血圧になるわけではありません。
血圧の高い状態が継続している場合が「高血圧」となります。

高血圧には2つ種類があり、はっきりと原因がわかる高血圧を二次性高血圧、はっきりと原因がわからない高血圧を本態性高血圧と呼んでいます。
二次性高血圧は、その原因となる原因疾患があって生じる高血圧であり、このタイプの高血圧は全体の1割にも満たなく、その他のほとんどが、特定の原因がわからない本態性高血圧です。
本態性高血圧の原因はわからないといっても、親から受け継いだ遺伝的要素や食事、運動、ストレスなどの様々な生活習慣からもたらされるとされています。

高血圧はなぜ悪いのか?

高血圧が続くと、その圧力に耐えようとして動脈の血管壁が厚くなり、血液の通り道が狭くなってしまいます。そのため、コレステロールなどの脂質もたまりやすくなり、さらに通り道は狭くなって血圧も上昇するという悪循環が発生し、そのまま放置しておくと動脈硬化症になる可能性が高まります。
動脈硬化症になると、冠動脈の血流量が下がり心筋が虚血状態となり心筋梗塞を誘発したり、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし脳梗塞になる可能性があります。

現在、日本人の死因の第1位は悪性新生物(がん)ですが、2位 心疾患、3位 脳血管疾患と、いずれも動脈硬化が引き起こす病気であり、高血圧はそれらの病気の前兆ともいえる状態であり、健康を左右する重要な要素と言えます。


関連記事
  1. 高血圧と塩分の微妙な関係
  2. 自分の血圧を知る
  3. 家庭用血圧計の選び方

コメントは受け付けていません。