自分の血圧を知る

1日の血圧の変化

血圧は1日のなかで絶えず変化しています。1日で血圧の変化を見ると、朝は起床前からその日の活動の準備のため上がり始め、日中の動いている時間帯では高くなり、夕方から夜に活動しなくなると下がり、睡眠中はさらに低くなるという基本的な変化があります。

血圧は、基本的に昼が高く夜に低いという変化がありますが、そのなかでも、身体の状態を反映して、上下に動いています。
例えば、家事や運動で体を動かしているときには血圧は上がりますし、歩行、食事などでも上昇します。また、肉体的な活動だけでなく、精神的なストレスなどでも血圧は変化します。その他には外的要因として、寒さや暑さなどの気候条件によっても変化します。

自分の血圧を知る

通常、血圧を測るのは病院や健康診断時で、それを元に血圧の健康度の指標としています。
しかし、白衣高血圧といって、診察室に入り医師や看護師を目の前にすると緊張し、血圧が上昇する現象もあり、また、血圧は1日のうちでも変化しますから、自分の血圧はどのくらいなのか、高血圧なのかどうかを知るためには、1日の血圧変化を継続的に調べることが自分の血圧管理上望まれます。

自宅で血圧を測る

自宅で血圧を測ることで、日や時間帯の変化を把握することができ、本当の自分の血圧を知ることができます。血圧の健康管理においては、まず、自分の本当の血圧を知ることが大切ですから、血圧に対する不安があるのであれば、自宅での血圧測定をおすすめします。


関連記事
  1. 高血圧とは?
  2. 家庭用血圧計の選び方
  3. 高血圧と塩分の微妙な関係

コメントは受け付けていません。