家庭用血圧計の選び方

最近ではさまざまな家庭用血圧計が発売されていますが、測る部位が上腕タイプのものや、手首タイプのものなど種類があります。正しく測定するにはどのようなタイプの血圧計がよいのでしょうか。

血圧測定の方式

まず、血圧測定の方式には2種類あります。コロトコフ法とオシロメトリック法です。
血圧を測るときに、カフを腕に巻いて動脈を圧迫し、血液の流れを止めます。その後空気を抜くと、血液が再度流れはじめます。

コロトコフ法
この時の、血管に血液がぶつかる音(コロトコフ音)を聞いて測定するのがコロトコフ法です。病院では通常この方法が採用されています。

オシロメトリック法
途絶えた血流が流れはじめる時の動脈壁の振動を、センサーでキャッチして測定するのがオシロメトリック法です。家庭で普及しているのはほとんどこのタイプになります 。

WHO(世界保健機関)が、コロトコフ法を推奨しているため、現在でも病院ではコロトコフ法を使用しているところが多いですが、機器の進化によりオシロメトリック法のほうが、簡単で故障しにくく、測定誤差が少ないというメリットがありますので、家庭での利用はオシロメトリック法の血圧計で問題ありません。

血圧計の種類

家庭用血圧計の種類には大きく2つに分けて、上腕部測定方式と手首測定方式があります。
上腕部測定方式は二の腕に、カフを巻くタイプと腕を通して測定するタイプの2種類に分かれます。手首測定方式は手首に巻くタイプの血圧計です。

一般的には上腕部測定方式のほうが、安定的に計測できると言われています。その理由は、上腕部測定方式のほうが、計測箇所をほぼ固定できることと、正しく計測できる姿勢を取りやすいということからです。

手首測定式の場合は、手首に巻くだけでよいので、手軽に測定できるというメリットがある一方、きっちりつけないと安定的に計測できない可能性があることと、手首を心臓と同じ高さにしなければならないなど、計測時の姿勢にも気をつける必要があります。

手軽さという点では手首測定式ほうが優れています。上腕部測定式の場合には、腕を出さなければなりませんので、冬などにセーターを着ていたりする場合には、一度脱いで腕を出せる状態にしてから計測する必要がありますが、手首式であればそのような手間もありません。

上腕部測定式でも手首測定式でも計測方式自体は同じなので、正しく使えば精度は大きく異なることはありませんので、自分の生活スタイルに合わせて使いやすいほうを選べばよいでしょう。

おすすめの血圧計

上腕部測定式

オムロン デジタル自動血圧計 HEM-1010

上腕測定式でおすすめなのが「オムロン デジタル自動血圧計 HEM-1010」です。
腕を通すタイプの中でも、計測した血圧を記録できる、早朝高血圧確認機能が付いている、腕を通すだけで、正しい測定姿勢を作る「可動式腕帯」という特徴があり使いやすい血圧計です。

特に便利なのが「可動式腕帯」で、腕を通すタイプの血圧計の場合、どうしても前かがみの姿勢になりがちで、測定誤差が出る可能性があるのですが、この「可動式腕帯」によって、腕を入れるだけで正しい姿勢になります。
実売価格は9千円台~1万円台前半とやや高めですが、家庭設置タイプで利用では最も使いやすいと言えます。

手首測定式

オムロン 手首式デジタル自動血圧計 HEM-6022
手首測定式のおすすめは、「オムロン 手首式デジタル自動血圧計 HEM-6022 」です。HEM-6022 の特徴は、片手で巻きやすい「ぴったりフィット」するカフで、カフが手首の形状に合わせた構造になっており、片手で簡単に装着できます。また、手首にぴったり巻けるので、均一に加圧でき測定精度を高めるようになっています。操作もし易く、電源オン/オフ、測定の開始/停止を一つのボタンで簡単操作可能です。

価格も3千円台なのでお求め安く、またサイズもコンパクトなので、旅行などの外出時での利用もしやすいため、上腕部測定式をもっている場合でも、別途携帯用に利用するということもよいと思います。


関連記事
  1. 高血圧とは?
  2. 自分の血圧を知る
  3. 高血圧と塩分の微妙な関係

コメントは受け付けていません。