運動するならゆっくり歩行より速歩やジョギングを

Jogging
Jogging / mrhayata
 運動の習慣化により、年齢がいくつであっても、メタボリックシンドロームのような慢性疾患のリスクを減らす効果を期待できることが、21~98歳のデンマーク人1万人以上を10年以上にわたり追跡して調査した研究であきらかになりました。

 しかし、通常の軽めのウォーキングではあまり効果を期待できず、速歩やジョギングなど、強度を高めた運動でないと効果を得られないようです。

 コペンハーゲンのビスペビャー大学病院のイーヴァ プレスコット博士らによる研究では、21~98歳のデンマーク人成人1万135人を対象に、1991~1994年に最初の評価を行い、10年間の追跡調査を行いました。
 研究開始時に、男性の27%、女性の21%でメタボがみられましたが、運動習慣のある人とない人を比較すると、あまり運動しない被験者では女性では3分の1近く、男性では約37%がメタボリックで、逆に、運動する被験者では女性の10%、男性の約14%がメタボであり、運動習慣のある人のほうがメタボ率が低い傾向にありました。

 10年間の研究では、メタボのリスク軽減に有用なのは運動の強度であることが確認されました。ウォーキングを続けた人のうち、速歩でのウォーキングやジョギングを行った人ではメタボになるリスクの低下がみられました、一方で、ゆっくりとしたウォーキングを毎日1時間続けた人では、メタボの割合は逆に増えていた、ということです。

 このことから、漫然とした運動を続けてもあまり効果はなく、ある程度強度のある運動を続けることでメタボリックのリスクを減らすことが出来るという結果になっています。

 運動をするなら、やはり体に少し負荷をかけるような運動をしないと効果がないようです。もし、ウォーキングを日課にしている人は、自分のウォーキング方法を見直してみる必要があるかもしれません。

出典:Intensity versus duration of physical activity: implications for the metabolic syndrome. A prospective cohort study
 


関連記事
  1. ストレスは健康的な行動を引き起こすこともある?
  2. 会議や授業中に眠くなるのは酸素が足りないからかも?
  3. 不規則な食生活はやっぱり不健康になる?
  4. 歩く速度が遅くなったら死期が近い?歩けることの大切さ
  5. 蚊に刺されやすい血液型がある?

コメントは受け付けていません。