加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)とは?

 加齢黄斑変性とは、加齢によって網膜中心部にある黄斑に障害が生じる疾患です。症状としては、視界がゆがんだり、中心部が見えにくくなったりします。進行すると視力が低下し、失明に至るケースも少なくありません。
 欧米では成人の失明原因の第1位となっておりメジャーな病気です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、社会の高齢化と生活の欧米化により近年患者数が急速に増加しており、失明原因の第4位となっています。

 50歳以上なら誰でもリスクがあり、高齢になるほどリスクは高くなります。比較的最近まで治療法がなかったのですが、最近いくつかの治療法が新たに開発されて、早く見つければある程度の視力が維持できるようになってきました。

加齢黄斑変性には2つの種類がある

 加齢黄斑変性には、大きく分けて2つの種類があります。1つは「滲出型」で、網膜裏の脈絡膜から異常な血管が生えてきて、その新生血管から血液成分が漏れると、黄斑が腫れて視力に障害が出ます。「滲出型」は進行が早く、急に視力が低下するのが特徴で日本人にはこのタイプが多いです。
 もう1つが、網膜の細胞が徐々に萎縮していく「萎縮型」です。「滲出型」より進行が緩やかで、高度な視力障害には至りにくいと言われています。

加齢黄斑変性の治療

萎縮型の治療

「滲出型」より進行が緩やかで高度な視力障害に至りにくいとされている「萎縮型」ですが、現在、「萎縮型」を治療する方法はありません。

滲出型の治療

 滲出型の加齢黄斑変性には主に2つの治療法があります。治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。

光線力学的療法

 光線力学的療法(PDT)とは薬とレーザーで新生血管をふさぐ方法です。多くの患者に効果がありますが、視力の落ちていない人に対しては、逆に視力を低下させてしまうリスクがあり、早期治療ができないという問題点がありました。

薬物治療

 脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(VEGF)が大きく関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。

 このVEGFを阻害する薬として、「マクジェン」と「ルセンティス」という2種類の薬が現在認可されており、いずれも目の中(硝子体腔)に6週あるいは4週ごとに注射します。この方法だと視力を低下させるリスクは少なく、早期からの積極治療も可能です。
 しかし、薬の価格が非常に高価だという問題があります。「マクジェン」は6週間分で12万円程度、ルセンティスは1ヶ月分で17万円程度となっています。(2012/10時点)

加齢黄斑変性の予防

禁煙

 タバコは喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると、加齢黄斑変性の背景にある炎症を引き起こすといわれています。そのため、喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になるリスクが高いことになります。予防だけでなく、発症してしまった人が進行を遅らせるためにも禁煙は非常に重要です。

サプリメントの摂取

 欧米での試験において、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと滲出型加齢黄斑変性への進行を遅延させるのに有用であったと報告されています。サプリメントでビタミン、亜鉛などを定常的に摂取することである程度予防に役立つと思われます。

食事

 サプリメント同様、亜鉛と抗酸化ビタミンを摂取することで予防に役立ちます。亜鉛が豊富な食材(カキなど)や新鮮な濃緑色野菜をなるべく多く食べるようにしましょう。また、ホウレン草やケールに含まれているルテインも有効ですし、青魚に多いω- 3脂肪酸もよいとされています。

日光から目を守る

 強い光、とくに太陽光の中の青い光が網膜に当たると、網膜に有毒物質が溜まりやすくなり、加齢黄斑変性の発症リスクを高めるとされています。サングラスやツバ付きの帽子で太陽の光から目を守りましょう。

スポンサーリンク

関連記事
  1. 機能性ディスペプシアとは?
  2. LOH症候群とは?
  3. COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?

コメントは受け付けていません。