健康のためのダイエット

ダイエット。多くの人が何らかのダイエットを試したことがあるのではないでしょうか。ダイエットをしようと思った理由は概ね、「健康に配慮して」「見た目の改善」の2つの理由だと思います。

ダイエットは簡単に言えば、今より痩せるということです。痩せるとは、体重を少なくするということですが、もう少し正確に言うと「体の余分な脂肪を減らすこと」です。単に体重を減らして、体のバランスを崩してしまっては意味がありません。
本来の健康な体を維持するためにダイエットするには、現在の状態から余分な脂肪を減らすことを目標にダイエットをする必要があります。

ダイエットの方法はたくさんありますが、どのダイエット方法も継続して行えるかが最大のポイントになります。そして、それぞれのダイエット方法に特徴があり、人によって向き不向きがあります。比較的簡単に出来て、難易度は高くなくきちんとやれば効果が出そうな、代表的なダイエット方法を見てみましょう。

ウォーキング ダイエット

ウォーキングダイエット
  • コスト:ほとんどかからない
  • 手軽さ:簡単に始められる
  • 継続性:定期的に時間割かなければならないことが難点

「ウォーキングダイエット」は正しい姿勢で、ある程度の距離を歩くことで、運動消費カロリーを増やし、ダイエットする方法です。ウォーキングは他のエアロビックダンスやジョギングなどの有酸素運動に比べ、筋肉や関節への負担が少ないローインパクトな運動であり、始めるためのコストもかからず、誰でも手軽にそして長続きでそうなところが魅力です。

しかし、漫然とウォーキングしていても、体重や体脂肪の減少という具体的な成果に結びつかない方が多くいるのも現状です。

ウォーキングダイエットで効果を出すためには、自分がダイエットするためには、どのくらいの運動量が必要なのか、そしてウォーキングでどのくらいの運動量をこなしているのかを把握しておく必要があります。このバランスを把握していないと、歩いてはいるけれど効果が出ない、ということになります。


炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエット
  • コスト:安い
  • 手軽さ:すぐに始められる
  • 継続性:炭水化物をとらないのは意外と辛いのでそれを乗り越えられれば

「肉を食べてもよい」「摂取カロリーは気にしない」といった従来のダイエット理論をくつがえす方法が注目され一時期話題になった「炭水化物ダイエット」。しかしこの「炭水化物ダイエット」は理論としては確立されたものであり、正しく実施すればダイエット効果が期待できます。コストもかからず、手軽に始められるのもよいですね。

しかし「炭水化物ダイエット」はアメリカで開発されたダイエット方法です。お米が主食の日本人とは日常の食生活が異なるので、日本人にはやや辛く感じることもあるかもしれません。
また、その理論を正しく理解して、適切に対処しないと思わぬ副作用が出る可能性がありますので、どういう仕組みでダイエットできるのかを十分理解し実践する必要があります。

置き換えダイエット

寒天ダイエット
  • コスト:ものによってはコストがかかる
  • 手軽さ:すぐに始められる
  • 継続性:慣れれば続けられる

1日3食のうち1食あるいは2食を、カロリーの低いダイエット食品などに置き換えて総摂取カロリーを減らし、ダイエットする方法です。
置き換える食品は、置き換えダイエット用に作られた商品や、寒天、豆腐など様々な置き換え食品があります。どれが続けられそうかは、自分の好みもありますので、いろいろ試してみる必要はあります。

難易度としては、基本的には1食を別なものに置き換えるだけなので、手軽ではありますが、置き換えするものによっては多少コストがかかりますが、置き換えダイエット専用の食品でも1食数百円ですから、いつもの食事と大きくコストが変わるということもありません。

問題は1日1食が必ず同じものになってしまうので、それに飽きずいつまで続けられるか?ということでしょう。置き換え食品を複数用意してローテーションしてみるのもよいかもしれません。

>>おすすめ!簡単置き換えダイエット!<<


関連記事
  1. 肥満と肥満のリスク
  2. おすすめ!簡単ダイエット

コメントは受け付けていません。