LOH症候群とは?

原因不明の体調不良

 最近元気がなく、仕事も趣味もやる気にならない。体調もよくなく、不眠、肩こり、頭痛などが症状が慢性的にある。何か病気かと思い、病院で検査を受けるも特に肉体的に問題は見当たらない。精神的な問題として、睡眠薬や抗うつ剤を処方されたので、服用してみたが症状は改善しない…

 もしあなたが40歳を超えた男性で、このような症状だったら「LOH(加齢男性性腺機能機能低下)症候群」かもしれません。

男性ホルモンの低下

LOH症候群は男性ホルモンの代表であるテストステロンの減少により起こります。実はこのテストステロンはとても重要な役割をもっていて、テストステロンが減ると、容姿や性格から男らしさが失われ性機能の減退が生じますが、それだけではなく、「内臓脂肪がたまる」ことにより、メタボの要因になったり、「脳の認知機能をつかさどる海馬の神経シナプスの数が減少」することにより認知力やストレス耐性が低下して、うつ症状を引き起こすと考えられています。

 このように、テストステロンには、性機能や筋肉の維持だけでなく、脂肪蓄積抑制、認知機能、血管機能、骨の形成などがあります。そのため、加齢に伴ってテストステロンが減少すると、筋力低下、性機能低下、認知機能低下、抑うつ、内臓脂肪の増加などの症状が起こると考えられているのです。

 このような男性ホルモンの低下に伴う諸症状からなる症候群について、LOH(Late-onset hypogonadism)症候群と呼んでいます。

LOH症候群チェック

 LOH症候群の患者は日本に600万人程度いるといわれています。LOH症候群かどうかは、血液中の遊離テストステロン(活発に動いているテストステロン)の量によって決まります。日本では、8.5ピコグラム/ml 未満だとLOH症候群と診断されます。

 血液検査で診断することはできますが、まずは簡易的に以下のチェックシートで自己診断してみてください。

LOH症候群チェックシート
症状
(カッコ内は点数)
なし
(1)
軽い
(2)
中程度
(3)
重い
(4)
非常に
重い(5)
総合的に調子が思わしくない
関節や筋肉の痛み
ひどい発汗
睡眠の悩み
よく眠くなる、頻繁に疲れを感じる
イライラする
神経質になった
不安感
体の疲労や行動力の減退
筋力の低下
憂鬱な気分
「絶頂期は過ぎた」と感じる
力尽きた、どん底にいると感じる
ひげの伸びが遅くなった
性的能力の衰え
早朝勃起の回数減少
性欲の低下

上の表の当てはまる箇所に○をつけ、点数を合計します。50点以上だったら要注意です。一度専門医に相談することをおすすめします。

 また、上記の表のなかでわかりやすい重要なサインとしては、起床時の勃起回数が減少があります。最近1ヶ月、朝立ちがない場合にはLOH症候群の可能性が高いです。逆に、朝立ちがあればさほど心配ないといえます。

LOH症候群は厄介

 ホルモンの減少という意味では、女性の更年期障害も女性ホルモンの分泌が少なくなり、男性ホルモンが多くなることで起こりますが、女性の更年期障害は一時的なものに過ぎません。
 しかし、LOH症候群の場合は、男性ホルモンは減り続けて、抜け出すタイミングがないため放置すると悪化する一方になってしまいます。いったん発症すると、人生に張り合いがなくなるうえに、高脂血症や高血圧、うつなどの病気も併発しやすくなります。

男性ホルモン「テストステロン」を増やすには

 もし、LOH症候群が疑われるなら、男性ホルモンの「テストステロン」を増やすしかありません。「テストステロン」の注射が有効ですが、効果は数週間しか続かないので、日常の生活でも「テストステロン」を上げるような行動を心がける必要があるでしょう。

テストステロンを増やす行動

心の底から笑う
心の底から笑うと副交感神経が活発になり遊離テストステロンの値は上昇します。

硫黄の温泉に入る
硫黄の温泉に入ることでも、副交感神経が活発になり遊離テストステロンの値は上昇します。

タマネギの摂取

 タマネギに含まれる含硫アミノ酸が、テストステロンの合成を誘導すると考えられています。マウスを使った実験では、4か月間、たまねぎのエキスを与え続けたところ、血液中のテストステロン量が約2倍にアップするという研究報告があります。タマネギの食べ方は、切ってすぐ加熱して調理することが効果的です。

そのほか、テストステロンの減少を防ぐには、ストレスをなるべくためない生活を送ること、睡眠を十分とることが重要となってきます。


関連記事
  1. COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?
  2. 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
  3. 機能性ディスペプシアとは?

コメントは受け付けていません。