特定健康診断を受けて医療費を減らす

メタボ健診とは?

2008年(平成20年)から40歳~74歳の人を対象に「特定健康診断(メタボ診断)」が始まっています。「メタボ」とは「メタボリックシンドローム」の略で、内臓脂肪が蓄積し、それに加えて血圧や血糖、血中脂質が悪化している状態を言います。
このような人は動脈硬化が進みやすいために、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高いことがわかっています。
また、糖尿病になった場合は合併症をおこしやすいことも明らかになっています。

Little Felt Owl Measuring Tape
Little Felt Owl Measuring Tape / TinyApartmentCrafts

特定健康診断の内容

特定健康診断の内容は、以下のようになっています。

基本的な健診の項目

  • ・質問項目(生活習慣、行動習慣)
  • ・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲(内臓脂肪面積))
  • ・理学的検査(身体診察)
  • ・血圧測定
  • ・血液化学検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • ・肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP))
  • ・血糖検査(空腹時血糖又は HbA1c検査)、尿検査(尿糖、尿蛋白)

健診の項目は従来の健診とほぼ同じですが、変更点として以下の2つがあります。

腹囲(内臓脂肪面積)の測定
腹囲(内臓脂肪面積)が追加されており、男性が85cm以上、女性が90cm以上で、かつBMIが25以上の場合は、メタボリックシンドロームの基本要件を満たしていると判定されます。

コレステロール測定値の変更
総コレステロールの測定から、動脈硬化に大きく関係しているLDL-コレステロールの測定に変更されており、よりメタボリックシンドロームの健診に特化した内容になっています。

特定健康診断を受けるには?

会社員本人 職場での健康診断を受けることで特定診断を受けたことになります。
会社員の扶養家族となっている配偶者等 ご加入の医療保険の保険者が契約(委託)する医療機関等(実施機関)で受けることができます。健診の結果により、会社員ご本人と同じく、必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。
国民健康保険の方 ほぼ従来の住民健診と同じ方法で受けることができます。健診の結果により、必要な方には特定保健指導のご案内が届き
ます。

会社員本人の場合は、職場での健康診断で自動的に受けることになりますので、大丈夫なのですが、問題は被扶養者です。被扶養者(女性)の6割が健診を受けていません。

多額の医療費がかかる

心筋梗塞や脳卒中は命に関わるだけでなく、多額の医療費がかかります。心筋梗塞、脳卒中(脳出血)の入院医療費はおよそ200万程度かかるとも言われています。また、糖尿病の代表的な合併症である糖尿病腎症となり、人工透析が必要になると1年間で400万前後の医療費がかかると言われます。健康保険を利用し、3割負担だとしても、かなりの金額になってしまいます。


健診を受けて予防・早期発見で医療費を減らす

定期的な健診を受けて、健診結果による事前の予防策や、もし病気が見つかった場合でも早期発見することで、かかる医療費は少なくすることができます。
女性の場合は肥満でも内蔵脂肪ではなく皮下脂肪型肥満が多く、その場合には動脈硬化の心配はあまりありません。それは女性ホルモンに動脈硬化を防ぐ働きがあるためです。
では、ある程度安心できるのか、というとそうとも言えません。女性でも閉経後は女性ホルモンの働きが鈍くなるため、内臓脂肪が増え、血圧、血糖、血中脂質の値も悪化しやすく、メタボの人が多くなってきます。
40歳くらいから特定健康診断を受けて、悪化している数値があれば、閉経を迎える前に生活習慣を改善しておくことが、心筋梗塞などの病気予防のために必要なことなのです。


関連記事はありません

コメントは受け付けていません。