軽い運動とクエン酸、水分補給で夏バテ防止

夏本番夏本番 / suneko



高温多湿な日本の夏。体に負担がかかりやすく、暑さで「夏バテ」を引き起こします。

夏バテとは?

そもそも夏バテとはなんでしょうか?

夏バテとは、暑さで体に熱が溜まりその熱をうまく体外逃がすことが出来なくなることによりさまざまな体調変化が起こることにいいます。原因としては、自律神経のバランスの乱れがあります。暑くなると、体は体温を保とうと汗をかいたり、血管を広げたりして体温を逃がそうとしますが、それは自律神経の働きによるものです。その自律神経のバランスが悪くなることで、うまく熱を体外に逃がせず、さまざまな体調変化が起こるというわけです。

夏バテを予防するには?

夏バテ予防 その1

軽い運動夏バテ予防その1は適度に汗をかくことです。夏バテ予防になんで汗をかかなければならないの?と思う方もいると思いますが、普段から汗をかくことを体に覚えさせておかないと、暑さで発汗による温度調節が必要な時に、汗をうまくかけず体内に熱が溜まる可能性があるからです。
大汗をかく必要はありませんが、冷房を切って家事をやったり、軽いウォーキングなどをして日常的に汗をかく時間を作りましょう。

夏バテ予防 その2

梅干2つ目はきちんと栄養を摂ること。暑いからといって、麺類などの炭水化物ばかり食べていると、疲労物質が溜まって、逆に「夏バテ」が進行してしまうことがありますので、注意が必要です。
また疲労物質をエネルギーに換える「クエン酸」を積極的に摂るようにしてみましょう。

クエン酸はレモンやグレープフルーツなど柑橘類の果物に多く含まれます。また、お酢や梅干にも含まれます。

夏バテ予防 その3

水暑くてもあまり水分を取ると汗もかくし、よくないのではと思って水分を控えたりしていませんか?
しかし、水分を控えすぎると体は脱水状態になり、体力も消耗しますので暑いときこそ水分をこまめに補給しましょう。


関連記事
  1. 熱中症とその対策
  2. 秋の味覚と健康管理
  3. 秋は昼と夜の温度差にご注意を

コメントは受け付けていません。