高血圧と塩分の微妙な関係

Salt and Pepper
Salt and Pepper / blmurch

 食塩の取りすぎが血圧を上げることは、多くの統計や研究で指摘されてきたことであり、一般的には食塩が高血圧の原因になるといわれています。高血圧の予防、改善として減塩をすすめられるのはそのためです。

 しかし、実は食塩による血圧上昇の程度には個人差があって、食塩を多くとってもまったく血圧が上がらない人もいます。食塩により血圧が上昇あるいは、減塩により血圧が下がるなど食塩により血圧が左右されることを食塩感受性、食塩により血圧が左右されないことを食塩非感受性と言います。

 日本人の本態性高血圧患者では、およそ4割が食塩感受性、6割が食塩非感受性といわれています。つまり、食塩の摂取制限により高血圧が改善しない人のほうが多いということになります。

減塩するべきか?しても意味がないのか?

 食塩非感受性の場合、食塩量を減らしても高血圧に対して改善効果は望めないということになりますが、今のところ自分が食塩非感受性なのか食塩感受性なのかを簡単に調べる方法はありません。そのため、高血圧であるならば、まずは食塩量を減らしたほうがよいとされています。(それが高血圧に効果がないとしても)

 厚生労働省でも、食塩を多く取りすぎることは胃がんリスクを高める、減塩は左心室肥大やたんぱく尿の程度を軽くする、動脈の柔軟性を高める、降圧薬の効果を高める、ナトリウム排泄に使われるカリウムが失われるのを防ぐなど、良い点が多いので食塩量は減らすべきだとしています。

どのくらい減らせばよいのか?

 日本人の塩分摂取量は、平均で1日11~12gとされていますが、日本高血圧学会の定めた目標では1日6g未満となっています。つまり、通常の半分まで減らさなければならない、ということになります。
 日常で摂取している食事のなかで、塩分は意外と多く含まれているものです。 6g はかなり厳しい数字ですが、塩分の摂取を控えるなら少なくとも平均の数値を超えないように意識的に心がけることが必要でしょう。

食品に含まれる塩分

食品 塩分量
梅干1個(10g) 約2g
バター大さじ1(13g) 約0.2g
プロセスチーズ1切れ(20g) 約0.6g
ロースハムうす切り1枚(20g) 約0.6g
食パン1枚(60g) 約0.8g
天ぷらそば 約6g
ざるそば 約3g
ラーメン 約4g
カツ丼 約4.5g
握りずし 約4g
豚肉のしょうが焼き 約3g
カップラーメン 約5g
納豆(タレ含む) 約1g

カリウムで塩分を排出する

 カリウムには体内の余分な塩分を排泄する作用があります。高血圧の方は塩分量を控えるとともに、カリウムも積極的に摂取するように心がけましょう。カリウムは、 野菜や果物、豆類等に多く含まれています。

■食品100g当たりのカリウムの含有量
食品 カリウム含有量(mg/100g)
パセリ 1,000mg
アボカド 720mg
納豆 660mg
里芋 640mg
大豆 570mg
さつまいも 470mg
じゃがいも 410mg
ラーメン 約4g
ピスタチオ 970mg
ぎんなん 580mg
くるみ 540mg
ほうれんそう 490mg
かぼちゃ 430mg
レタス 410mg


関連記事
  1. 高血圧とは?
  2. 自分の血圧を知る
  3. 家庭用血圧計の選び方

コメントは受け付けていません。