生活スタイル改善で肌が10歳若返る?肌を実年齢よりも若く保つ5つの方法

洗顔

ライフスタイルを改善すれば、女性の肌は実際の年齢に比べ、10年若く見えるようになる可能性があるという国際的な研究が発表されました。

肌を実年齢よりも若く保つ5つの方法

皮膚の状態は、皮膚表面の脂肪、保湿能力などによって変化しますが、主な原因は加齢です。しかし、加齢以外にも日常の生活スタイルで肌の加齢自体を抑えることが可能でだということです。

日焼け対策をする

肌をケアするための効果的な方法は、日光を避けることです。直射日光を浴びる時間が長いと、しわや黒ずみなどの肌のトラブルが増えます。屋外で長時間活動するときは、SPF値が15以上の日焼けローションやクリームを使いましょう。日差しの強い日には、午前10時~午後4時に外出するときは注意が必要です。つばの広い防止、長袖シャツや長ズボンで日差しを防ぎましょう。

たばこを吸わない

肌の老化を促進する最大の要因はたばこです。たばこを吸うと、皮膚の内側の細い血管が収縮し、皮膚を健康に保つのに必要な酸素や栄養が届きにくくなります。たばこによって、肌のコラーゲンやエラスチンが損なわれ、肌の弾力性が失われます。

健康的な食事をする

健康的な食事は肌を健康に保のに必要です。ダイエットをしている人ではタンパク質が不足し、肌荒れが増えることがあるので注意です。
肌を健康に保つのに必要な栄養素は、野菜や果物に含まれるビタミンC、ナッツ類や魚に多く含まれるオメガ脂肪酸、くるみなどに含まれるリノレン酸などです。これらは積極的に摂取するようにしましょう。

適切な肌の手入れをする

角質を健康に保つために、適度な脂肪と水分が必要です。顔を洗うときは、刺激の軽い保湿成分の入ったローションやジェルを付けましょう。男性の方はヒゲをそるときにシェービングクリームやローションを使うと、肌の老化対策になります。
入浴後は顔を軽く拭いて、肌に湿気を残すことを心がけましょう。乾燥肌の人は皮膚に合ったモイスチャーを使うとよいでしょう。

ストレスを管理する

ストレスは、適度であれば脳を活性化し、心身に良い影響をもたらします。
ストレスは健康的な行動を引き起こすこともある?
しかし過重なストレスは皮膚を過敏にし、肌荒れやにきびを引き起こします。仕事や家庭でのストレスが増えすぎないように、できるだけストレスをコントロールする行動を意識的に行いましょう。ストレスの肌への影響は想像以上に大きいかもしれません。

当たり前だけど、大切なこと

この5つの方法を読んだ方は、当たり前のこと過ぎて「なーんだ」と思った方もいるかもしれません。しかし、もう一度自分の生活スタイルを振り返ってみてください。この5つの方法をすべて実践できているでしょうか?

意外とこれらをすべて習慣化して実践できている人は少ないのではないでしょうか?

ただ、少し残念のお知らせもあります。実は、肌にあらわれる加齢の影響は、遺伝的な要因が半分を占め、残りの半分を生活環境や生活習慣が占めていると考えられています。
つまり、同じことをしても、遺伝的な要素で効果が変わる可能性があるということには、なってしまいますが。

スポンサーリンク

関連記事
  1. 会議や授業中に眠くなるのは酸素が足りないからかも?
  2. 運動するならゆっくり歩行より速歩やジョギングを
  3. ストレスは健康的な行動を引き起こすこともある?
  4. 歩く速度が遅くなったら死期が近い?歩けることの大切さ
  5. 蚊に刺されやすい血液型がある?

コメントは受け付けていません。